遠隔講義 に関するサポートページをご用意しました。こちらをクリックしてください。

FAQ

manaba(教員)

自己登録機能とは、自己登録期間中であれば、学生は担当教員が許可したコースに対して、自ら履修登録を行うことができる機能です。


<教員>
1.マイページから許可設定をしたいコースを選択します。
2.[コース設定]から、[自己登録の許可設定]をクリックします。
3.自己登録の許可/不許可、登録キーの利用の有無を設定してください。登録キーは7桁の数列がコースごとにランダムで割り振られ、自己登録時にそのキーの入力が求められるようになります。
4.[保存]をクリックします。
<学生>
1.マイページから[登録キーを用いて登録]をクリックします。
2.登録キーを入力します。
3.コースを確認して、[登録]をクリックします。

リマインダとは、manabaに新しいお知らせや書き込みがあった場合に、それらの更新情報をユーザが登録しているメールアドレス宛に送信する機能です。

<基本設定>
1.画面右上の[設定]をクリックし、[リマインダ設定]を選択します。
2.manabaからのリマインダを受信するか、しないかを選択します。
3.メールアドレス欄には、リマインダを受信したいPCのメールアドレスを入力します。
4.携帯メールアドレス欄には、リマインダを受信したい携帯電話のメールアドレスを入力します。
<個別設定>
1.新しいコースニュースが掲示された時に、リマインダを受信するか、しないかを選択します。
2.新しい課題が公開された時に、リマインダを受信するか、しないかを選択します。
プロジェクトの課題公開のリマインダは、チームに所属しているメンバーにのみ送信されます 。
3.掲示板に新しいコメントが投稿されたときのリマインダ設定は、以下の3つから選択できます。
 ・新しい書き込みがあるたびにリマインダを受信する
 ・指定した時刻にまとめてリマインダを受信する (→プルダウンでリマインダ受信時刻を選択してください)
 ・受信しない
  ※自分の書き込みはリマインダとして送信されません
4.プロジェクトの掲示板に新しい書き込みがあった場合に、リマインダを受信するか、しないかを選択します。
5.自分のポートフォリオにためられた提出物に対するコメントがあった場合に、リマインダを受信するか、しないかを選択します。
6.[保存してテストメールを送信]をクリックすると、登録したメールアドレスにリマインダメールが送信されるか確認することができます。
※【個別設定】でリマインダを「受信する」と設定していても、【基本設定】でリマインダを「受信しない」としている場合は、リマインダは送信されません。

コースニュースとは、履修生へ一斉に連絡したい場合に使うと便利な機能です。


1.コーストップ画面の[コースニュース追加]をクリックします。
2.タイトルとニュース本文を入力します。
3.公開期間を指定します。(任意)
4.[プレビュー]をクリックして、どのように見えるか確認したら、[追加]をクリックします。
※一度追加したコースニュースは編集することができません。

<1人1人のレポートをWEB上で確認>
1.レポート管理画面のメニューボタンを押し、[提出状況(個別に採点)]を選択すると、提出状況一覧画面が開きます。
2.レポートを提出している学生の氏名をクリックすると、学生が提出したレポートが表示されます。

<提出者全員のレポートをまとめてダウンロード>
1.レポート管理画面のメニューボタンを押し、[成績管理(一括回収・採点)]を選択すると、レポート成績登録画面が開きます。
2.[レポート採点シートと提出ファイル]をクリックすると、学生が提出したレポートをZIPファイル形式でまとめてダウンロードすることができます。学生が提出したファイルは、学生ごとにフォルダ分けされています。

<WEB上で1人1人の採点と成績登録を行う>
1.レポート管理画面のメニューボタンを押し、[提出状況(個別に採点)]を選択すると、提出状況一覧画面が開きます。
2.レポートを提出している学生の氏名をクリックすると、学生が提出したレポートと成績登録欄が表示されます。
3.レポートの合計点に得点を入力します。得点は半角整数値で入力してください。
4.「優・良、A・B」等の文字列での評価を行う場合には「評価」へ入力します。(任意)
5.学生のレポートに対する講評を入力します。(任意)
6.指導メモは、備忘録として活用してください。(指導メモは学生には見えません)
7.必要事項を入力したら[登録]をクリックします。

<履修生全員の採点と成績登録をまとめて行う>
1.レポート管理画面のメニューボタンを押し、[成績管理(一括回収・採点)]を選択すると、レポート成績登録画面が開きます。
2.レポート採点シートをダウンロードします。
3.採点シートの「# 合計点」「# 評価」「# 講評」のいずれかを入力します。0点としてデータ登録したい場合は、「#合計点」に0を入力してください。
4.「成績データを登録」から、成績データを入力した採点シートをアップロードして、成績登録の完了です。

1.アンケート管理画面のメニューボタンを押し、[集計]を選択します。
2.アンケート集計シートをダウンロードします。
3.集計シートをダウンロードすると、学生が提出したアンケートの内容を一覧で確認することができます。

小テスト・アンケート・レポート・コースコンテンツ機能では、それぞれエクスポートとインポートすることが可能です。

<エクスポート>
・ひとつずつエクスポートする場合
管理画面のメニューボタンを押し、[エクスポート]を選択すると、MHT 形式のファイルでダウンロードできます。

・まとめて一括エクスポートする場合
管理画面下の[一括エクスポート]をクリックすると、ZIP形式のファイルでダウンロードできます。

<インポート>
1.管理画面の[インポート]をクリックして、インポート画面を開きます。
2.ひとつずつインポートする場合は、「ひとつずつインポート」に MHT 形式のファイルをアップロードします。 一括でインポートする場合は、「一括インポート」に ZIP 形式のファイルをアップロードしてください。

MicrosoftOffice

Word

<文書全体の行間の設定>

1.[デザイン]、[段落の間隔] の順に選択します。

2.各オプションをマウスでポイントしてプレビューを表示し、目的のオプションを選択します。

<文書の一部の行間を変更>

1.変更する段落を選択します。

2.[ホーム]、[行と段落の間隔] の順に選択して、目的の間隔を選択します。

1.[挿入]、[ページ番号] を選択して、目的の位置とスタイルを選択します。
2.最初のページにページ番号を表示しない場合は、[先頭ページのみ別指定] を選択します。
3.2ページ目のページ番号を 1 で開始する場合は、[ページ番号]、[ページ番号の書式設定] の順に移動し、[開始番号] を 0 に設定します。
4.完了したら、[ヘッダーとフッターを閉じる] を選択するか、Esc キーを押します。

Excel

キーボードのNumLockキーを押すとロックが解除され、数字が入力できるようになります。

ブラウザ

<GoogleChrome>
1.パソコンで Chrome を開きます。
2.右上のプロフィールアイコンをクリックし、 [パスワード] をクリックします。
3.パスワードを表示、または削除します。
 ・表示: ウェブサイトの右側にあるパスワードを表示(目のマーク)をクリックします。パソコンをパスワードでロックしている場合、パソコンのパスワードを入力するよう求められます。
 ・削除: ウェブサイトの右側にあるその他アイコンをクリックし、 [削除] をクリックします。

<InternetExplorer>
1.コントロールパネルを開き、「ユーザーアカウント」→「Web資格情報の管理」をクリックします。
2.確認したいサイトの右側にある下矢印をクリックします。
3.伏字になっているパスワードの隣にある「表示」をクリックします。
4.パソコンにログインするときのパスワードが求められるので、パスワードを入力します。
5.伏字が解除され、パスワードを確認できます。
 ・削除したい場合はパスワードの下にある「削除」をクリックし、削除の確認のポップアップが表示されたら「はい」をクリックすると完全に削除されます。

1.パソコンで Chrome を開きます。
2.右上のその他アイコンをクリックし、 [設定] をクリックします。
3.[起動時] で [特定のページまたはページセットを開く] を選択します。
 ・[新しいページを追加] をクリックし、ウェブアドレスを入力して [追加] をクリックします。
 ・[現在のページを使用] をクリックします。

Gmail

以下の手順で、メールのショートカットをデスクトップへ追加できます。
※先に、Google Chrome をインストールする必要があります。
1. Gmail にログインし、メールの受信トレイを選択します。
2. Google Chrome の右上にある三点リーダーアイコンを押し、
「その他のツール」-「ショートカットを作成」を押します。
3. 適切な名前を入力して「作成」ボタンを押します。
※上記の手順で、デスクトップへアイコンが作成されます。

1. Gmail にログインし、右上の設定アイコンをクリックし、[設定] を選択します。

2. [全般]タブの[署名:] セクションで、ボックスに新しい署名テキストを入力します。
※テキストボックスのすぐ上にあるボタンを使用してテキストの書式を設定できます。

3. ページの下部にある[変更を保存] ボタンを押します。
※上記の手順で、メール作成時に自動的に署名を追加されます。

署名作成方法のGmailヘルプはこちら

以下の手順で、メール受信時にデスクトップへ通知することができます。
※先に、Google Chrome をインストールする必要があります。

1. Gmail にログインし、右上の設定アイコンをクリックし、[設定] を選択します。

2. [全般]タブの[デスクトップ通知:] セクションまでスクロールし、[メール通知(新規メール)ON]を選択します。

3. ページの下部にある[変更を保存] ボタンを押します。

通知設定のGmailヘルプはこちら

Gmail で送信メールアドレスを変更する方法は、以下の手順で可能です。

1. Gmail にログインし、右上の設定アイコンをクリックし、[設定] を選択します。

2. [アカウント]タブの[名前:] セクションで、「他のメールアドレスを追加」を押します。

3. 「自分のメールアドレスを追加」が表示されるため、以下の内容を参考に入力を行い、
「次のステップ:」ボタンを押します。
名前:(別のメールアドレスで使用する名前)
アドレス:(送信時に使用する別のメールアドレス)
エイリアスとして扱います。:チェックを入れる。

4. メールアドレスの確認で「確認メールの送信」ボタンを押します。
※追加した別のメールアドレス宛に、確認メールが送信されます。

5. 確認メールに記載された確認コードを、「確認コード」の項目に入力し、「確認」ボタンを押します。
※上記の手順で、メール作成時に送信者(From:)を選択できるようになります。
※メールの署名は、送信メールアドレス毎に設定が必要ですので、別途作成してください。

設定方法のGmailヘルプはこちら