パソコンの購入を検討されている学生の皆さんへの案内をご用意しました。こちらをクリックしてください。

統合認証システム「Extic」(エクスティック)について

統合認証システム「Extic」とは、熊本学園大学が提供している学内サービスの多くで使用する共通の認証基盤です。シングルサインオン(SSO)の利便性と多要素認証のセキュリティを兼ね備えています。

統合認証システム「Extic」から、Gmail、manaba、ポータルシステム(UNIPA)などの学内サービスのいずれか一つにログインすると、次に他の学内サービスにアクセスする場合に、ログイン情報が引き継がれ、それぞれログインする必要がありません。

統合認証システム「Extic」については以下をご確認ください。
「Extic」(エクスジェン・ネットワークス株式会社ホームページ)

対応している学内サービス

統合認証システム「Extic」に対応した学内のサービスは以下の通りです。

  • Google 製品全般(Gmail、Google Drive、Google Meetsなど)
  • Microsoft 365 全般(Word、Excel、PowerPoint、Teamsなど) 
  • ポータルシステム(UNIVERSALL PASSPORT RX:UNIPA:ユニパ) 
  • manaba 
  • キャリタスUC(クマガク求人システム) 
  • 学認関係提供サービス 

2024年2月6日現在

ログイン方法

e-キャンパスセンターのホームページから「Extic」へアクセスします。

1. e-キャンパスセンターホームページのトップページにある、「Extic」統合認証(学認) のアイコンをクリックします。

2. [ユーザー名]に「アカウントID(学内メールアドレスの@より前)」を入力し、「次へ」をクリックします。

3. [パスワード]を入力し、「次へ」をクリックします。

※多要素認証を設定していない場合は、以上の操作でログインすることができます。

————————————————–

多要素認証を設定している場合

以下の画面が表示されます。認証方法を選択してください。アプリ、メールどちらも登録している場合は、どちらか一方で認証し、ログインすることができます。認証方法については「アプリ認証方法」および「メール認証方法」をご確認ください。


※多要素認証の設定方法は、ページ下部の多要素認証について」をご確認ください。

トップ画面

「Extic」のトップ画面では、アクセス可能なアプリが一覧で表示されます。

【多要素認証】アプリ認証方法

上記記載のログイン方法で[ワンタイムパスワードアプリ認証]を選択し、 認証登録しているスマートフォン等の「Authenticator」のアプリを開きます。

「Authenticator」に表示されている「ワンタイムパスワード(6桁の数字)」を入力し、「次へ」をクリックしログインしてください。

                                iPhoneの「Authenticator」画面  

ワンタイムパスワードには、制限時間があります。
制限時間を経過した場合は、新しく表示されたワンタイムパスワードを入力してください。

【多要素認証】メール認証方法

上記記載のログイン方法で[ワンタイムパスワードメール認証]を選択します。

①[ワンタイムパスワードを送信]をクリックします。
認証登録していた個人のメールアドレスにワンタイムパスワードが送信されます。

②メールに受信した「ワンタイムパスワード(6桁の数字)」を入力し、「次へ」をクリックしログインしてください。

                                   iPhoneのメール受信画面  

ワンタイムパスワードには、有効期限があります。
有効期限を経過した場合は、再度[ワンタイムパスワードを送信]をクリックし、新しく受信されたワンタイムパスワードを入力してください。

ログアウト方法

「Extic」からログアウトするには、マウスポインターを右上の名前の位置に合わせます。
「ログアウト」をクリックするとログアウトすることができます。

多要素認証について

多要素認証とは、利用者本人が把握しているID・パスワードなどの「知識情報」、利用者本人が所有している物理的な「所持情報」、人間の身体を使う(指紋・顔など)「生体情報」のうち、2つ以上を組み合わせて認証することを指します。

「Extic」では、多要素認証を設定しログインすると認証画面に推移し、あらかじめ設定した「アプリ」 か「メール」 で認証します。手元に認証アプリを入れているデバイス(スマートフォン等)や、メールが受信できるデバイスが必要です。「アプリ」と「メール」どちらも認証設定している場合は、どちらか一方で認証します。セキュリティ強化のため、教職員は「Extic」の多要素認証を設定してください。

※学生の設定は任意です。

多要素認証の設定方法

「Extic」にログイン

1.[多要素認証(OTP)]を選択します。

2.希望する「アプリ認証」もしくは「メール認証」の[設定]をクリックします。

どちらの認証方法でもログインすることができるように、それぞれ設定することを推奨しています。

※デバイスの故障やアプリに問題が発生した場合に、認証できないことを回避するため。

アプリ認証について

アプリ認証は、30秒ごとに新しい6桁の数字がアプリに表示されます。表示されている数字を「Extic」のログイン認証画面に入力することで、認証されます。
メール認証とは違い、ワンタイムパスワードを受信するまでの待機時間がなくなります。また、メッセージが受信できない、表示できない等のトラブルもありません。

自身のスマートフォン等のデバイスに、いずれかの「Authenticator」アプリ(「Google Authenticator」 もしくは「 Microsoft Authenticator」)をインストールしてください。

※e-キャンパスセンターでは「Google Authenticator」 アプリのインストールを推奨しています。

※PC にGoogle Chrome がインストールされている場合は、Google Chrome拡張機能の「Authenticator」アプリで代用も可能です。(個人所有のGmail アカウントで利用)

現在、Authenticatorを利用されている方は、利用中のアプリ内で追加して認証することができます。

スマートフォン等を機種変更した場合は、アカウントを引き継ぐ作業が必要となります。

Google Authenticator アプリのインストール (推奨) 
  • 機種変更時の「Google Authenticator」の移行については こちら に掲載しています。移行には、「旧端末」と「新端末」が必要です。
Microsoft Authenticator アプリのインストール

アプリ認証設定方法

①スマートフォン等のデバイスで「Authenticator」を起動し、アプリ認証設定の[QRコード]をスキャンします。

②スキャンしたデバイスに「認証コード」が表示されますので、[トークン]の欄に入力し、[設定]をクリックしてください。

認証コードには、制限時間があります。
制限時間を経過した場合は、新しく表示された認証コードを入力してください。

メール認証について

メール認証は、あらかじめ設定したメールアドレスに「ワンタイムパスワード」を受け取ります。受け取った「ワンタイムパスワード」を「Extic」のログイン認証画面に入力することで、認証されます。

『個人のメールアドレス』が送受信できる、自身のスマートフォン等のデバイスを用意してください。
基本的に学内メールアドレス(@kumagaku.ac.jp)は「Extic」にログインした状態でないと、利用することができません。

「Extic」にログインする前の認証設定 になりますので、必ず『個人のメールアドレス』を設定します。

※『個人のメールアドレス』とは @kumagaku.ac.jp 以外のアドレスです。

メール認証設定方法

① メールアドレスの欄に『個人のメールアドレス』(@kumagaku.ac.jp以外のアドレス)を入力します。

② [ワンタイムパスワードを送信する]をクリックします。

③ ①で入力した、『個人のメールアドレス』の受信メールを確認し、ワンタイムパスワードを入力し、[設定]をクリックしてください。

 ※受信件名:Extic ログイン用ワンタイムパスワード

  • ワンタイムパスワードには、有効期限があります。有効期限を経過した場合は操作をやり直し、新しく受信されたワンタイムパスワードを入力してください。
  • キャリアメール等で迷惑メールフィルタを使用している場合は、以下のドメインからの受信を許可して下さい。
    ドメイン:@ex-tic.com

設定の確認

「アプリ認証」や「メール認証」が設定済になっていることを確認してください。また、「メール認証」を設定した場合は、個人用のメールアドレスが設定されていることも確認してください。

メール認証のアドレスに、学内メールアドレスを設定しないでくだい。
基本的に「Extic」にログイン後に学内メールが開けるため、認証できません。

 

パスワード再発行用のメールアドレスの設定

「パスワード再発行用のメールアドレス」を設定すると、「Extic」のログインパスワード(学内アカウントのパスワード)を忘れてしまっても、自分でパスワードの再設定ができるようになります。

設定方法

「Extic」にログインします。

① [プロフィール]を選択します。

② [パスワード再発行用メールアドレス]へ『個人用のメールアドレス』を入力し、
 [テストメールを送信する]をクリックします。

③ 『個人用のメールアドレス』にメールが受信できたことを確認し[保存]をクリックしてください。

※『個人のメールアドレス』とは @kumagaku.ac.jp 以外のアドレスです。

パスワードの変更

現在使用しているパスワードは、自分で変更することができます。

  • パスワードの長さは 8 文字以上 32 文字以下で設定してください
  • 「英大文字」「英小文字」「数字」「記号」のうち 3 つの文字種が含まれたパスワードを設定してください
  • 記号のうち、『”』『%』『&』『’』『\』『`』『|』『空白』は利用できません

変更方法

「Extic」にログインします。

① [パスワード変更]を選択します。

② [現在のパスワード]へ現在使用しているパスワードを入力します。

③[新しいパスワード]および[新しいパスワードの確認]に、変更したい新しいパスワードを入力してください。

④[保存]をクリックしてください。

⑤「処理中」と表示されますので、画面右上の「更新」をクリックしてください。

⑥「成功」と表示されたら、パスワード変更は終了です。

パスワードを忘れたら?

「Extic」のログインパスワードを忘れてしまい、上記記載「パスワード再発行用のメールアドレスの設定」をしていない場合は、自分でパスワードを再設定することができません。

学生

e-キャンパスセンター(14号館4階)カウンターにて再設定が行えます。
学生証を持参の上、開館日に注意してお越しください。

対面での手続きが必要です。
カウンターでパスワード再発行申請フォームを申請してください。

教員

e-キャンパスセンターまでご連絡ください。(連絡先はページ下部にあります)

表示言語の変更方法

「日本語」と「英語」表記から選択することができます。認証画面の説明文などが選択した言語で表示されます。

「Extic」にログインし、画面右上の「地球」アイコンから変更します。

「アプリ認証」で使用しているスマートフォン等を機種変更する場合

認証で使用していたデバイス等の機種変更を行った場合は、アカウント情報を移行する必要があります。こちらでは、推奨している「Google Authenticator」の移行方法を案内しています。

詳細は以下をご確認ください。別のページへ遷移します。