事務室紹介規程・内規
個人情報保護
2005年4月より「個人情報の保護に関する法律」が全面的に施行されました。e-キャンパスセンターでも業務遂行上必要なさまざまな個人情報を収集していますが、収集した情報については目的外利用をせず法の趣旨に従って取り扱います。情報収集の目的や保護の具体的方法等については、用紙に表記するなどの方法で事項ごとに逐次お知らせしていきます。

pdfが付いた文書を見るにはAcrobat Reader が必要です。
施設案内

熊本学園大学 e-キャンパスセンターのパソコン室に関する情報を掲載します。



フロアマップ



ハードウェア・ソフトウェア一覧
自習コーナー

 自習コーナーは、本学の学生であり、電子メールアカウントを取得していれば利用することができます。原則として、電子メールアカウントは入学時にすべての学生が取得します。電子メールアカウントを取得していない方は、e-キャンパスセンターカウンターで手続きが必要となります。


平日 土曜日
9:00 ~ 21:50
9:00 ~ 12:20

※基本的な利用時間は上記の通りです。ただし、日曜・祝日は利用できません。
※長期休暇や行事等で変更になる場合もありますので、掲示板のポスターやWebカレンダーで確認してください。

入室時

  1. 自習コーナーの自分が使いたい機種(Windows, Macintosh, Linux)がある席に座ります。
  2. 電源を入れ、自分のアカウントでログインします。

※ユーザー名とパスワードが聞かれるので、自分のアカウントとパスワードを入力してください。
Windows ログイン方法詳細     Macintosh ログイン方法詳細

印刷時

  1. 印刷プレビューを確認して、印刷ボタンをクリックします。
  2. プリンタの横にあるパソコンにアカウントとパスワードを入力します。
  3. 印刷を「実行」または「キャンセル」のボタンをクリックします。

※モニターはタッチパネルではないので、触らないでください。
印刷方法詳細

退席時

 授業に行く場合や食事に行く場合など長時間席を離れる場合は、必ずパソコンをシャットダウンしてください。
 パソコンの電源を入れたまま使用しない状態が、Windows, Macintoshで30分経過すると、電源を切る旨のスクリーンセーバーが画面に表示され、職員が強制的にシャットダウンを行います。

Windows スクリーンセーバー Macintosh スクリーンセーバー

 また、長時間荷物を置いたまま放置している場合は、カウンターへ回収し、パソコンも職員が強制的にシャットダウンを行います。なお、データの紛失や盗難等が起きた場合は、自己責任となります。

終了時

  1. シャットダウンして電源を切ります。
  2. デスク周りのごみを拾い、マウスやイスを元の位置に戻します。

※記憶メディアを使用した場合はメディアを抜いて、使用したすべてのアプリケーションを終了します。
Windows シャットダウン方法詳細     Macintosh シャットダウン方法詳細

注意事項

  • ガム・飴を含む飲食および飲食物を表に出すことは禁止です。
  • 私語や携帯電話の使用はパソコン教室を離れ、他人の迷惑にならないようにしてください。
  • パソコン教室では鉛筆・シャープペン・消しゴムは使用禁止です(削りカスが、パソコンの本体の中に入り込んだりすると故障の原因となるため)。
  • 終了する場合はすべてのアプリケーションが終了していることを確認してください。
  • 使用したパソコンとモニターの電源は必ず切ってください。
  • プログラムの中身(システム)を勝手にいじったり、消したりしないでください。
  • 原則として、学習以外での利用は禁止です。たとえば、娯楽での利用(動画・チャット・掲示板・オークション・オンラインゲーム等)
  • 喫煙は禁止です。
  • 傘は廊下の傘立てに立ててください(パソコンは湿気に弱いため)。
  • 自習コーナーおよび4階フロアの廊下にあるコンセントの不正使用は禁止です(発見次第、職員が回収します)。

マルチメディア室

 e-キャンパスセンターでは、動画コンテンツ等の編集・作成を行えるマルチメディア室を完備しています。授業や課外活動に大いに活用してください。
 教室内には、編集作業用のデスクトップ型マシン(Windows、Mac)をはじめ、ブルーレイレコーダー、レーベル印刷可能なプリンタ、デュプリケーター等など、マルチメディアコンテンツを一貫して作成できる環境が揃っています。また、学部で購入したソフト等を自由にインストールし、マシンをカスタマイズすることも可能です。
 今後はe-learning用のコンテンツ作成の場としてもさらなる環境の整備が期待されます。マルチメディア室を使って、学びの情報発信を始めましょう。

  • 場所:14号館4階e-キャンパスセンター事務室奥
  • 対象者:本学学生、教員
  • 使用条件:授業や課外活動での使用(教員による教室使用の申込が必要)
申込・詳細はe-キャンパスセンター事務室までお気軽にお問い合わせください。


Windows Macintosh
OS
Windows 7
OS
Mac OS X 10.5.6
プロセッサ
Intel Core i7
プロセッサ
Dual Core Intel Xeon
メモリ
4GB
メモリ
2GB
アプリケーション
Windows ムービーメーカー
Windows DVDメーカー
Microsoft Expression Encorder
Cyber Link DVD Suite
エディウスJ
AVCHD converter
EPSON Print CD
アプリケーション
iMovie
iDVD
Final Cut Express
Adobe Photoshop CS
Lacie Light Scribe Labeler
EPSON Print CD
台数
2台
台数
2台


その他設置機器
Blu-ray Disc レコーダー
メーカー
Panasonic DMR-BW950

主な機能
高画質フルハイビジョン対応のDVDレコーダー。ハイビジョンムービーで撮影した映像の再生やダビング等も可能。
録画可能メディア:
BD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、DVD-R/-RW/-RAM/-R DL
DVDプレーヤー一体型ビデオ
メーカー
Victor HR-DV5

主な機能
外部出力でVHSに記録した映像を上記Blu-ray等に保存可能。
再生可能メディア:
CD/CD-DA、DVD-R、DVD-RW(CPRM非対応)+R/+RW、 PAL対応
インクジェット複合機
メーカー
EPSON EP-705A

主な機能
通常の印刷の他、CDのレーベル印刷が可能。レーベル作成用付属ソフトEPSON Print CDは室内のWin・Macにインストール済み。
CD/DVD デュプリケーター
メーカー
コムワークス 写楽 VP-BD5

主な機能
CD/DVDのコピー機。一度に5枚焼が可能。作成したDVD等の配布の際に便利。
書き込み可能メディア:
BD-R/BR-RE、DVD±R/DVD±RW/DVD-RAM、CD-R/CD-RW
大判プリンタ
メーカー
Canon iPF750

主な機能
A0サイズまで出力可能なプリンタ。 高画質のポスター作成などに。
住所